【Drupal】リッチテキストエディタTinyMCEモジュールの導入 Drupal 知識Z(ゼータ)

トップページDrupal >【Drupal】リッチテキストエディタTinyMCEモジュールの導入

【Drupal】リッチテキストエディタTinyMCEモジュールの導入

Date:2009/02/26
Category: Drupal


ブログを書くときには欠かすことのできないリッチテキストエディタがDrupalでも利用できます。
大きくTinyMCEモジュールとFCKEditorモジュールという2つあるのですが、今回はTinyMCEモジュールを導入してみます。

ダウンロード

まずは、2つのファイルが必要になるので、それをダウンロードしましょう。
一つ目、TinyMCEモジュール
二つ目、TinyMCE本体

二つのファイルをそれぞれダウンロードできたら、まずは一つ目のファイルを解凍します。tinymceというフォルダができます。

続いて二つ目のファイルを解凍します。このとき一つ目のファイルを解凍した場所と違う場所に解凍することに注意してください。なぜなら、二つ目のファイルも解凍するとtinymceというフォルダを作るので、自動的に統合されてしまうからです。これで、一つ目とは別にtinymceというフォルダができました。

さて、二つのtinymceフォルダができたところで、二つ目のtinymceフォルダを一つ目のtinymceフォルダ内にコピーします。/tinymce(一つ目)/tinymce(二つ目)という構造になります。

そして/sites/all/modules/にtinymce(一つ目)をそのままアップロードします。
これにより/sites/all/modules//tinymce/tinymceという構造になります。 ここまででアップロード作業は完了です。

インストール・設定作業

まず、管理セクション→モジュール→tinymceを有効にします。
権限ページ→tinymceモジュール→access tinymceの認証済みユーザにチェックします。
次に、サイト環境設定でTinyMCEを選択し、Create new profileボタンをクリックします。
Profile name:自由
Roles allowed to use this profile:認証済みユーザにチェック
Default state:enabled
Buttons and plugins:使いたいボタンにチェック
最後にCreate Profileボタンをクリックして完了します。

以上で設定完了です。コンテンツ作成ページでリッチテキストエディタが出現しているかどうか確認してください。

日本語ファイルのインストール

日本語ファイルをインストールしたい人はこちらのランゲージファイルをダウンロードし、解凍しでできた3フォルダを/modules/tinymce/tinymce/jscripts/tiny_mce/へアップロードして、Basic setup画面の言語をjaにしてあげればOKです。


Drupal リッチテキストエディタ TinyMCE の関連記事

コメント

No comments yet

コメントする




次項 【Drupal】オフラインモードでログアウトしてしまった【ログイン】
前項 【Drupal】XMLSitemapモジュールでサイトマップ作成・送信

知識Z(ゼータ)トップへ
モッピー | お金がたまるポイントサイト
About Us

知識Z(ゼータ)は違法性のあるコンテンツ、不適切な表現の含まれるコンテンツを一切を排除した安心安全な総合優良コンテンツサイトを目指しています。細心の注意を払っておりますが、万が一、不適切なコンテンツ等がございましたら、ご一報ください。ご意見・ご連絡

当サイトは、月額1,050円で高機能・安心レンタルサーバーの【XSERVER(エックスサーバー) 】にて運営させていただいております。いつも大変ありがとうございます。

Calendar
<   2009-02   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

Amazon.co.jp
What's New
タグ
オンラインデータ
訪問者数:2 人
投稿記事数:283 件
08974010