【WordPress】XserverでテストURLから本番URLへ変更 WordPress 知識Z(ゼータ)

トップページWordPress >【WordPress】XserverでテストURLから本番URLへ変更

【WordPress】XserverでテストURLから本番URLへ変更

Date:2014/07/03
Category: WordPress


Xserverのテスト環境でサイト作成をしていて、本番環境に移す方法です。

まず、今回の前提として、

・サーバーはテスト環境も本番環境も同一サーバー内
・http://hoge.xsrv.jpがテスト環境URL
・http://hogehoge.comが本番環境URL

とします。

1.テストサイトのデータのバックアップを取る。もちろんデータベースも忘れずに。

2.本番環境へファイルをアップロード

3.データベースを新規で作る場合は作成しインポート。※同一サーバー内なのでテスト環境で使ったDBをそのまま使うのもあり。むしろ楽。

4.(3)で新規で作成した場合は、wp-congif.phpを書き換えて上書き。同DBの場合はこの作業は不要です。

5.phpMyAdminにログインし、wp_optionsのsiteurlを本番環境のもの(http://hogehoge.com)に書き換える。(最後のスラッシュは入れずに)

6.http://hogehoge.comにアクセスする。無事に表示されればとりあえずここまでは順調。真っ白な画面などが表示される場合は、wp-config.phpのWP_DEBUGをtrueにしてみる。プラグイン関係のエラーならば、該当のプラグインをフォルダごと削除してみましょう。(その他、/wp-content/advanced-cache.phpなどもエラーが出るならとりあえず消しとく)

7.トップページが無事に表示ができたら、管理画面にログイン。

8.設定→一般→サイトアドレス (URL)をhttp://hogehoge.comに書き換える。

9.(6)でプラグイン等を削除している場合、プラグインページを見ると、案の定「ファイルがありません」ってなってるので該当ファイルを再度アップロードして、有効化しましょう。有効化してエラーがでるファイルは削除してから「新規追加」等から再度挑戦してみてください。

10.ページを全体的に見渡して不具合がなさそうなら、絶対パス部分(画像とか特に)を置換しますが、Search Regexプラグインを使うと楽。有効化たらツール→Search Regexから、「Search pattern」に旧URL、「Replace pattern」に新URLを入れ、Replace&Saveボタンでフィニッシュ。

Search Regexを使う場合は、wp_postsのguidフィールドは置換してくれないようなので、

UPDATE wp_posts SET guid = REPLACE (guid, '変更前のURL', '変更後のURL');
で置換して置いた方がいいでしょう。

同様に、カスタム投稿タイプを利用している場合などは、置換されないようなので、
UPDATE wp_postmeta SET meta_value = REPLACE (meta_value, '変更前のURL', '変更後のURL');
もやりましょう。


【WordPress】 XserverでテストURLから本番URLへ変更 の関連記事

コメント

No comments yet

コメントする




次項 【WordPress】メールフォームをスマホから送信すると改行されない
前項 【Wordpress】All in One SEOで?タイトルが2回出てしまう

知識Z(ゼータ)トップへ
モッピー | お金がたまるポイントサイト
About Us

知識Z(ゼータ)は違法性のあるコンテンツ、不適切な表現の含まれるコンテンツを一切を排除した安心安全な総合優良コンテンツサイトを目指しています。細心の注意を払っておりますが、万が一、不適切なコンテンツ等がございましたら、ご一報ください。ご意見・ご連絡

当サイトは、月額1,050円で高機能・安心レンタルサーバーの【XSERVER(エックスサーバー) 】にて運営させていただいております。いつも大変ありがとうございます。

Calendar
<   2014-07   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Amazon.co.jp
What's New
タグ
オンラインデータ
訪問者数:1 人
投稿記事数:283 件
08203891