個人事業主・独立開業 個人事業・開業への第一歩 知識Z(ゼータ)


«Prev || 1 | 2 || Next»
Date:2008/12/26
Category: 個人事業・開業への第一歩
サラリーマンであれば、個人事業をはじめると決心したら、まずは「退職」しなければなりません。(まれに副業を認めており、さらに特例での独立開業も認めてくれるところもありますが)

退職に関する手続き等は原則お世話になった会社のルールに沿って行います。退職と一言で言っても、自分にとってはもちろん、会社にとっても重要な出来事ですから、退職の流れをしっかりと把握しておく必要があります。また、退職時のトラブルを防いだり、スムーズに進められることもあるので、「どうせ辞める会社だから」と思わず、最後までしっかりやるように心がけましょう。


Date:2008/12/24
Category: 個人事業・開業への第一歩
毎年非常に多くの人が開業・起業をしてきますが、それとほぼ同数の数が廃業しています。このことから、事業は始めたからには、「継続」させることが最も重要であると言えます。
特に個人事業の場合は法人と異なり、「事業主が全責任を負う」というのが原則です。万が一、多くの責任が伴った廃業になってしまえば、多額の借金を背負ったりという状況も想定しなければいけません。よって、事業の拡大はもちろん重要ではありますが、それ以上に継続させることを優先して考える必要があります。

Date:2008/12/23
Category: 個人事業・開業への第一歩
事業を開始する前にその事業が、許認可が必要かどうかを確認する必要があります。
例えば、飲食店をはじめようと思っても無許可では始めることはできません。飲食店の壁に「許可証」という賞状のようなものがかかっているのをよく見ると思いますが、そういったものが必要になってきます。

Date:2008/12/22
Category: 個人事業・開業への第一歩
個人事業は事業を開始することが簡単であり、手軽に開始できるのが魅力だということを説明しました。しかし、個人事業で始める場合は、事業者一人だけで開業する場合も多く、必然的にやらなくてはいけないことも増えてきます。

必ず個人事業者がやらなくてはいけないこと

企画」「営業」「商品(サービス)の提供」「経理」「雑務

最低でもこれだけのことをこなさなければなりません。

Date:2008/12/22
Category: 個人事業・開業への第一歩

個人事業と法人

独立開業する場合、大きく個人事業法人のどちらかから選択することになります。法人とはいわゆる一般的な「会社」のことですね。

個人事業と法人の違い

個人事業と法人にはそれぞれ一長一短があります。

«Prev || 1 | 2 || Next»

モッピー | お金がたまるポイントサイト
About Us

知識Z(ゼータ)は違法性のあるコンテンツ、不適切な表現の含まれるコンテンツを一切を排除した安心安全な総合優良コンテンツサイトを目指しています。細心の注意を払っておりますが、万が一、不適切なコンテンツ等がございましたら、ご一報ください。ご意見・ご連絡

当サイトは、月額1,050円で高機能・安心レンタルサーバーの【XSERVER(エックスサーバー) 】にて運営させていただいております。いつも大変ありがとうございます。

Calendar
<   2018-07   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

Amazon.co.jp
What's New
タグ
オンラインデータ
訪問者数:0 人
投稿記事数:283 件
09079340