PHP関数の基本 PHP 知識Z(ゼータ)

トップページPHP >PHP関数の基本

PHP関数の基本

Date:2009/03/24
Category: PHP


関数とは

関数とは、定められた通りの処理を実行して結果を返す一連の命令のことを言います。
関数を使うことで、複雑な処理の命令も簡単に行うことができます。
PHPには数多くの関数が既に用意されており、誰でも関数名と使い方だけを覚えれば簡単に使うことができます。また、自分で関数を作ることも可能なので、より複雑な処理や、独自仕様による関数も作ることができます。

既存の関数の例

例としてdate関数というPHPの関数を使ってみると、
<?php  $time = date("Y年n月j日h時i分s秒"); //$timeにdate関数の戻り値を代入  echo $time; //$timeを表示 ?>
実行結果: 2009年12月20日16時12分33秒
というように、日時を出力してくれます。便利ですね~

自分で作った関数の例

例として、円の面積を計算するための関数を作ってみると、
<?php function menseki($a) { //menseki関数の定義、戻り値は$a $a = $a * $a * 3.14; //円の面積の計算 return $a; //戻り値$aを返す } $b = 5; //$bの初期値を設定 print("半径". $b. "cmの円の$lt;br /$gt;"); //". $b. "は文字列と変数を繋げるためのものです $c = menseki($b); //$cにmenseki関数の戻り値を代入 print("面積は". $c. "cmです"); //$cを表示?>
赤い部分が自分で作った関数になります。ちなみに上記を実行すると、
実行結果: 半径5cmの円の 面積は78.5cmです
のようになります。
これは非常に簡単な例ですが、このように自分で関数を作ることで、より複雑な処理や、要件に応じた処理ができるようになります。


PHP 関数 の関連記事

コメント

No comments yet

コメントする




次項 【PHP】if~else、switch~case【条件分岐(もし~ならば)】
前項 PHPの演算子

知識Z(ゼータ)トップへ
モッピー | お金がたまるポイントサイト
About Us

知識Z(ゼータ)は違法性のあるコンテンツ、不適切な表現の含まれるコンテンツを一切を排除した安心安全な総合優良コンテンツサイトを目指しています。細心の注意を払っておりますが、万が一、不適切なコンテンツ等がございましたら、ご一報ください。ご意見・ご連絡

当サイトは、月額1,050円で高機能・安心レンタルサーバーの【XSERVER(エックスサーバー) 】にて運営させていただいております。いつも大変ありがとうございます。

Calendar
<   2009-03   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

Amazon.co.jp
What's New
タグ
オンラインデータ
訪問者数:2 人
投稿記事数:283 件
09688783