【PHP】if~else、switch~case【条件分岐(もし~ならば)】 PHP 知識Z(ゼータ)

トップページPHP >【PHP】if~else、switch~case【条件分岐(もし~ならば)】

【PHP】if~else、switch~case【条件分岐(もし~ならば)】

Date:2009/03/25
Category: PHP


条件分岐とは

条件分岐とは、「もしも~ならば~だ」というように、ある条件を指定し、その結果によって処理をすることができます。

if~elseの基本文法

if(条件1){ 条件1に合うときの命令(trueの時) }else if (条件2) { 条件2に合うときの命令(trueの時) }else { 条件1,2共にに合わない時の命令 }

switch~caseの基本文法

switch(変数または式) { case "値1"; 変数の値が、値1のときに処理するスクリプト break; case "値2"; 変数の値が、値2のときに処理するスクリプト break; case "値3"; 変数の値が、値3のときに処理するスクリプト break; default; 変数の値がいずれの case の値と一致しなかった場合のスクリプト }

例えば、「アメリカ人ならば、ハロー」、「日本人なら、こんにちは」、「それ以外なら、???」という条件分岐を行ってみます。

if~elseの例

<?php $human = "日本人"; if($human == "アメリカ人") { //$humanがアメリカ人なら $koe = "ハロー"; //$koeにハローを代入 } else if($human == "日本人"){ //$humanが日本人なら $koe = "こんにちわ"; //$koeにこんちにわを代入 } else { //$humanがそれ以外なら $koe = "???"; //$koeに???を代入 } echo $koe; //$koeを表示 ?>
実行結果: こんにちわ

switch~caseの例

<?php $human = "日本人"; switch($human) { case "アメリカ人"; print("ハロー"); break; case "日本人"; print("こんにちは"); break; default; print("???"); break; } ?>
実行結果: こんにちわ
上記では、ifを使った場合もswitchを使った場合も同じ処理を行っていることが分ります。


PHP 条件分岐 if の関連記事

コメント

No comments yet

コメントする




次項 【PHP】while構文とfor構文【ループ(繰り返し)処理】
前項 PHP関数の基本

知識Z(ゼータ)トップへ
モッピー | お金がたまるポイントサイト
About Us

知識Z(ゼータ)は違法性のあるコンテンツ、不適切な表現の含まれるコンテンツを一切を排除した安心安全な総合優良コンテンツサイトを目指しています。細心の注意を払っておりますが、万が一、不適切なコンテンツ等がございましたら、ご一報ください。ご意見・ご連絡

当サイトは、月額1,050円で高機能・安心レンタルサーバーの【XSERVER(エックスサーバー) 】にて運営させていただいております。いつも大変ありがとうございます。

Calendar
<   2009-03   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

Amazon.co.jp
What's New
タグ
オンラインデータ
訪問者数:1 人
投稿記事数:283 件
08973953